「明日、ママがいない」、最終回!視聴率は?打ち切り?芦田愛菜?

日本テレビのドラマ「明日、ママがいない」が
最終回を迎えました。

「明日、ママがいない」は、平均視聴率が12.8%と
なっていて、全体を通して10%を上回る視聴率と
なったようです。

「明日、ママがいない」は、赤ちゃんポストに
預けられて子供や、児童養護施設で生活している
子供を独自の演出で表現したことで、養護施設や
病院などから内容を改善するようクレームが入り、
大きな話題になりました。

放送中止を求めるものまでクレームが来て、
一時はドラマが打ち切りになるのではないかとも
いわれていました。

しかし、打ち切りはせずに最終回まで
放送したのですが、9話で終わりということで、
通常のドラマよりは、早く終わってしまったのは
確かなようですね。

「明日、ママがいない」は、子役の芦田愛菜ちゃんが
単独初主演をするということで、
注目されていたのですが、放送が始まってみると、
それとは違ったところで、大きな話題となってしまい、
テレビ局側も頭を悩ませたようです。。


ドラマの脚本は、脚本家の野田秀樹さんが
脚本監修をしていて、その影響で、
実際の養護施設とは異なる物語になって
しまったのではないかといわれています。

野島さんは、取材をしないで脚本を
書くことで有名で、現実の世界とは
異なるものが多いのですが、それが独自の
世界を生み出しているということで、
人気になっていました。

しかし、今回のドラマでは、
それが裏目に出てしまったということで、
途中からドラマ内容が変化するなどしていて、
かなり大きな変化があったと言われています。

「超小型・最薄・長寿命GPS」が海外で話題沸騰!

携帯スマホやカバン、財布、子供や介護老人の持ち物、ペットの首輪など、小型だから色んなモノに付けられて、スマホアプリで位置情報がすぐわかる!1年間の長寿命バッテリーで安心! 2016-06-07_071952
2014年3月13日 「明日、ママがいない」、最終回!視聴率は?打ち切り?芦田愛菜? はコメントを受け付けていません。 ドラマ