感音性難聴の症状や原因と病院での診断や治療は?佐村河内守は聞こえる?

感音性難聴の症状や原因で悩んでいる人は少なからずいらっしゃいますよね。

感音性難聴の病院での診断や治療、全ろうと偽った佐村河内守さんは聞こえるのか?などについてお伝えします。

感音性難聴の症状についてですが、症状がそれほど重くない場合は、聞こえる音量としては正常ですが、言葉として聞き取れなかったり理解できなかったり、間違って聞こえてしまったりするようです。

感音性難聴の方は多人数での会話は特に難しく、声は音として聞こえているのだけど、会話の中身・内容が聞き取れないという症状だそう。

また感音性難聴の症状として、木のざわめきなど低音域は聞こえるが、人の会話など高音域は聞き取りづらいというのがあるそう。何だか難しいですね。

感音性難聴の原因についてですが、内耳または内耳から聴覚中枢に至る部位に、器質性の病変があると考えられる聴覚障がいのことを言うのだそうです。

これだけだとよくわかりませんが、どういうことがその原因なのかというと、加齢や大音量を聞き続けたり、ストレスでも感音性難聴になってしまうようです。また何かの拍子に耳を叩く行為も良くないようです。

感音性難聴の病院としては難聴外来や中耳炎外来が良いようですね。感音性難聴は病院で検査してもなかなか感音性難聴と診断されないこともあるようなので、最初から大学病院の難聴外来や中耳炎外来などで診断してもらうのが得策のようです。

感音性難聴と診断された場合の治療ですが、まず簡単にできることとしては耳を叩かない、ヘッドフォンを使わない、カラオケなど大音量のところには行かないなどがあります。

また感音性難聴に効果が高い治療として、耳ツボを刺激するのが良いようですね。感音性難聴は頚椎の血流が悪くなることも原因なので、耳ツボを刺激して血流を活性化させると効果が高いのです。

また感音性難聴の治療法というか改善方法として補聴器を使うというのは即効性があってオススメです。

今回、佐村河内守さんが感音性難聴ということを自白して話題になりましたが、感音性難聴はまったく聞こえないわけではなくて、聞こえるので聴覚障害者には当たらないようですね。

佐村河内守さんの全ろうを偽っていたのは本当に良くないですが、感音性難聴であれば、佐村河内守さんの聴力は今後もっと回復する可能性がありますね。

「超小型・最薄・長寿命GPS」が海外で話題沸騰!

携帯スマホやカバン、財布、子供や介護老人の持ち物、ペットの首輪など、小型だから色んなモノに付けられて、スマホアプリで位置情報がすぐわかる!1年間の長寿命バッテリーで安心! 2016-06-07_071952
2014年3月7日 感音性難聴の症状や原因と病院での診断や治療は?佐村河内守は聞こえる? はコメントを受け付けていません。 未分類