浅田真央の転倒や不調の原因は腰痛?金メダル可能性と引退会見後はキャスター?

浅田真央選手がソチ五輪で16位発進となってしまいました。

浅田真央選手の転倒や不調の原因は腰痛なのか、金メダルの可能性、引退会見と引退後はキャスターとなるのかなどをお伝えします!
2014-02-20 11.18.23

浅田真央選手がソチ五輪女子フィギュアスケートのショートプログラムを終え、まさかの16位となったわけですが、転倒や不調の原因は何だったんでしょうか?

実は浅田真央選手は腰痛の病状が良くなく、痛みで思うようなスピンやジャンプができない状態との噂がありました。浅田真央選手は、ソチ開催の2012年12月のグランプリファイナルは4年ぶり3度目の優勝を勝ち取りましたが、実はフリーの直前練習で「腰痛で体に力が入らない」と佐藤コーチに訴えていて、最悪棄権も考えるほどの腰痛だったそう。

また浅田真央選手が出場した昨年11月のNHK杯後は、腰痛が悪化してきて腰への負担が大きいスピンの練習はほぼ出来ないでいたそう。こうした腰痛が転倒や不調に終わったショートプログラムの原因のようです。

さらに浅田真央選手が優勝したグランプリファイナルは痛み止めを飲んでの強行出場。トリプルアクセルがまったく成功できなかったのは浅田真央選手が自身の腰をかばい助走スピードを加速できなかったことが原因だそう。これほどまでに腰痛が悪化してることが浅田真央選手の転倒が重なる原因なのかもしれません。
また不調に終わった採点ですが、今回のソチ五輪では回転不足に対する採点が非常に厳しいようです。それも浅田真央選手には不利に働いて得点も不調につながったのかもしれません。

気になる浅田真央選手の金メダルの可能性ですが、非常に厳しいようです。もともとフリーは演技構成点の面からも浅田真央選手に歩があったのですが、ショートプログラムでの得点差は3点以内にとどめたかったというのがフィギュア関係者の見方のようです。しかし浅田真央選手とキムヨナ選手の差は20点近く。かなり金メダルは厳しい状況と言わざるを得ません。

今シーズンで引退を表明している浅田真央選手。引退会見や引退後はキャスター転進するのかなども気になります。何とか金メダルを獲って引退というようになればと個人的には祈っていたんですが、ショートプログラムは残念な結果になってしまいました。

このままだと浅田真央選手の引退会見も涙になってしまいかねず心苦しいです。引退後にキャスター転進となれば各テレビ局でも事務所でも熾烈な争奪戦になることは必至ですね。ですが、まずはフリーでベストを尽くせるように頑張ってほしいです!今夜も応援します!

【閲覧注意】6/15までの期間限定公開!押尾学の現在って?

6/15まで!気になる方以外は見ないでください。 2016-06-07_064731

「超小型・最薄・長寿命GPS」が海外で話題沸騰!

携帯スマホやカバン、財布、子供や介護老人の持ち物、ペットの首輪など、小型だから色んなモノに付けられて、スマホアプリで位置情報がすぐわかる!1年間の長寿命バッテリーで安心! 2016-06-07_071952
2014年2月20日 浅田真央の転倒や不調の原因は腰痛?金メダル可能性と引退会見後はキャスター? はコメントを受け付けていません。 未分類