牧野隆志が死去!死因の病気と現在・画像は?東京プリン伊藤洋介と携帯哀歌・あらあらかしこの今後は?

牧野隆志さんが7日、死去されていたことがわかりました。

牧野隆志さんの死因の病気と現在や画像、東京プリンの相方、伊藤洋介さんとの仲と代表曲「携帯哀歌」、「あらあらかしこ」の今後などの情報をお伝えいたします。
2014-02-08_133917

東京プリンの牧野隆志さんが2月7日、残念ながら死去されてしまったわけですが、死因は何だったんでしょうか?牧野隆志さんは2009年4月から仙台放送「あらあらかしこ」のMCを担当していましたが、2010年7月に「あらあらかしこ」の番組内で肺腺癌であること、しかもステージ4という重度の診断だったため、当面は治療に専念すすために仕事を控え目にすることを報告。現在まで化学療法をしながら活動を行ってきました。

牧野隆志さん、化学療法を続けながら活動をするというのはスゴイの一言です。しかし、残念ながら今年の2月7日に肺がんによる呼吸不全により49歳で死去されてしまいました。牧野隆志さんの死因は肺腺癌・肺がんによる呼吸不全ということなんですね。本当に残念です。

そんな牧野隆志さんの画像がこちら。
2014-02-08_134005

2014-02-08_133903
牧野隆志さんといえば、伊藤洋介さんと「東京プリン」を結成し、プリンのかぶり物にサングラス、スーツ&ネクタイというユニークな服装の歌手グループで活動をしていました。1997年にデビュー曲「携帯哀歌」が大ヒットし、牧野隆志さんも相方の伊藤洋介さんも一気に話題になりましたね。笑っていいとものでれフォンショッキングにも出演し、その際には有名人からの出演祝いの花がスタジオアルタの屋上まで並べられたことでも話題になりました。牧野隆志さんと伊藤洋介さんの人柄が東京プリンの人気の理由の一つだったのかもしれません。

牧野隆志さんは1964年2月生まれで兵庫県の出身。1990年から大阪・関西を中心にテレビリポーターやパーソナリティなどで活動した後、東京プリンを結成したんですね。かなり下積み時代は長かったようです。

今回、牧野隆志さんが死去されて、「あらあらかしこ」を放送していた仙台放送は訃報を伝えるとともに、残念な気持ちを伝えました。牧野隆志さんは肺腺癌という重い病気と戦いながらいつも元気に生放送に望まれていたようで、感謝と追悼の意を述べていたことが非常に印象的でした。

仙台放送は今後も「あらあらかしこ」の放送を続ける意向で、牧野隆志さんの意志を継いでこれからも明るい番組にしていく所存だそうです。ぜひ頑張ってほしいですね。

東京プリンのデビュー曲「携帯哀歌」はカラオケでも定番の曲にまでなったので、昔カラオケでガンガン歌っていたという方も多いようですね。私の会社の上司なども時々、携帯哀歌や東京プリンの曲を歌っていたのを思い出しました。

牧野隆志さんの訃報を受けて、東京プリンの相方の伊藤洋介さんのコメントはまだ発表されていませんが、こちらも注目されますね。牧野隆志さんの御冥福をお祈り申し上げます。

「超小型・最薄・長寿命GPS」が海外で話題沸騰!

携帯スマホやカバン、財布、子供や介護老人の持ち物、ペットの首輪など、小型だから色んなモノに付けられて、スマホアプリで位置情報がすぐわかる!1年間の長寿命バッテリーで安心! 2016-06-07_071952
2014年2月8日 牧野隆志が死去!死因の病気と現在・画像は?東京プリン伊藤洋介と携帯哀歌・あらあらかしこの今後は? はコメントを受け付けていません。 未分類