徳田虎雄の難病気と引退?息子徳田毅と猪瀬直樹は?徳洲会会長の妻は

徳田虎雄さんが、猪瀬直樹都知事への選挙資金提供で報道されていますが、徳洲会会長でありながらテレビでは難病・大きな病気であるように見えます。

難病と病気の原因、徳洲会会長を引退するのか、息子の徳田毅さんと猪瀬直樹都知事との関係、結婚した妻の反応などご紹介していきます!

徳田虎雄さんは、医療法人徳洲会会長ですが、徳洲会とはそもそも何でしょうか?

徳洲会は日本最大規模の病院・医療グループで、もとは徳田虎雄さんが大阪大学医学部を卒業後の1973年に開業した「徳田病院」が始まりです。その2年後の1975年医療法人徳洲会を設立しました。そして現在、66の病院をはじめ、全部で280以上の医療施設を運営する日本最大の医療法人になりました。そんな医療法人徳洲会の会長をしている徳田虎雄さんは影響力も大きく、衆議院議員をしていた過去もあります。

徳田虎雄さんの難病についてですが、2002年から筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発病しています。徳田虎雄さんの病気の正体はこれです。この筋萎縮性側索硬化症(ALS)が原因で一度は政界も引退することになりました。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の症状ですが、重篤な筋肉の萎縮と筋力低下をきたす神経変性疾患の一種で、発症した半分の人が発症後3年から5年で呼吸筋麻痺により死亡してしまうようです。完全に治癒するための有効な治療法がない難病というわけです。
しかし、人工呼吸器の装着による延命は可能で、徳田虎雄さんの場合がまさにこのケースですね。本当に大変な病気です。

人工呼吸器を装着していて話すことができないため、用意した文章を代わりに読んでもらう様子がテレビでも見られますよね。

徳洲会の理事長は引退して会長というポジションになっているので、事実上の引退というわけですが、猪瀬直樹都知事への5,000万円の選挙資金提供の報道を見ても、変わらず「力」はあるようですよね。

徳田虎雄さんの結婚した妻は、同郷で知り合った徳田秀子さんという方で、薬剤師をしていたようです。徳田虎雄さんは医師ですから、納得できる出会いですね。

その息子、次男の徳田毅さんは2005年から衆議院議員を務めていますが、今回、猪瀬直樹都知事に直接5,000万円の都知事選挙資金を手渡したのは、徳田虎雄さんの息子・徳田毅衆議院議員ということを猪瀬直樹都知事自らが会見で明らかにしましたよね。

ちょっとグレーな今回の事件ですが、真相は明らかになるんでしょうか。
東京都民としては目が離せない重大な事件ですから、注目していきたいですね。

【閲覧注意】6/15までの期間限定公開!押尾学の現在って?

6/15まで!気になる方以外は見ないでください。 2016-06-07_064731

「超小型・最薄・長寿命GPS」が海外で話題沸騰!

携帯スマホやカバン、財布、子供や介護老人の持ち物、ペットの首輪など、小型だから色んなモノに付けられて、スマホアプリで位置情報がすぐわかる!1年間の長寿命バッテリーで安心! 2016-06-07_071952
2013年11月23日 徳田虎雄の難病気と引退?息子徳田毅と猪瀬直樹は?徳洲会会長の妻は はコメントを受け付けていません。 未分類