GACKTに下半身スキャンダルが発覚!相手女性の証言は?被害届受理が遅れたのは?脱税疑惑は?本名は?

GACKT

ミュージシャンのGACKTさんからレイプされたという女性が一部始終を告発した記事を発売中の写真誌「フラッシュ」(光文社)に掲載されました。

記事によると、11年9月、GACKTさんが連れの男性2人と当時女性が働いていた都内のキャバクラに来店。2日後のライブを控えたGACKTさんは酒を一滴も飲まなかったが、女性にはシャンパンやテキーラをガンガン飲ませたとのこと。その後、迎えの車が来ると、「自宅まで送る」という申し出を女性が断ったにもかかわらず、強引に車の中に連れ込み、車の中で性行為を行い、GACKTの自宅に連れ込むと、女性の顔を殴るなどして早朝まで計6時間にわたって性行為に及んだと告発しました。行為の最中、GACKTは「俺は妖精みたいだろ? 妖精って言え」などと強要したとも話しました。
女性はこの一件で店を辞め、12年11月に警察に相談した後、弁護士を通じてGACKTさんに謝罪を要求しましたが、謝罪がなかった為、警察に強制わいせつと強姦の被害届けを提出し、ようやく4月末に受理されたといいます。

記事内にはGACKTから送られたメールの内容や殴られて目の周りにあざが出来た写真も載せられていました。これだけの証拠も掲載されているのであれば、被害届ももっと早く受理出来たのではと思うのですが、被害届が受理されたのは4月と遅いと感じます。何故受理が遅くなったのだろうと考えてみると、昨年8月に自宅や関係各所が東京国税局査察部の強制捜査を受け脱税疑惑が発覚した事と繋がっているような気がします。

事務所側は脱税も今回のレイプ報道についても否定しているようですが、今回大々的に取り上げられるとなったことで、今後、GACKTに対して徹底的な取り調べが行われることになるのは避けられないようです。所属レコード会社のエイベックスもコンプライアンス遵守をあげているだけに気になる所です。

今回の一件は、新聞沙汰になると本名「岡部 学(さとる)」も公表されるなど、ミステリアスな印象があるGACKTさんの素顔も出てくる事にもなりそうです。

捜査の行方の展開も含めて、今後のGACKTさんに注目していきたいです。

「超小型・最薄・長寿命GPS」が海外で話題沸騰!

携帯スマホやカバン、財布、子供や介護老人の持ち物、ペットの首輪など、小型だから色んなモノに付けられて、スマホアプリで位置情報がすぐわかる!1年間の長寿命バッテリーで安心! 2016-06-07_071952

コメントを残す