堂本剛、カバー曲熱唱!カバーでの複雑な心境とは?パニック症候群の症状は?イケメンに戻ったのは薬をやめたせい?

Kinki kidsの堂本剛さんが、初のカバーアルバム「カバ」を
発売し、横浜赤レンガ倉庫2号館にあるライブハウスで
記念ライブを行いました。

CAHAGE AND ASKAのASKAさんの「はじまりはいつも雨」など、
4曲を熱唱したとのことですが、
この曲は堂本さんが初めて買ったCDで思い出深い曲であるとのことです。

「今日は人生で初めて心が震えた瞬間を思い出してもらえたら
うれしい」とあいさつをし、お客さんを楽しませました。

歌唱力には定評がある堂本さんの邦楽カバーなだけに、
生歌を聞いてみたくなりますね。

ジャニーズ事務所として、ジャニーズ以外のアーティストの曲を
カバ―したことは初めてということで、
そちらの方も話題になっています。

他のアーティストの曲をカバーすることは考えられなかったと
語る堂本さんですが、「音楽を楽しむことができたことに対する感謝の思いで
作りました」と語り、母親にアルバムを聞かせると、
泣きながら喜んでくれたとのことです。

堂本さんというと、最近は、顔もほっそりとし、
個性的な髪形やファッションもなりを潜め、
普通の格好をするようになってきていて、かつてのイケメンに戻ったとの
声が多いのですが、以前のインタビューで過呼吸やパニック症候群で
あることを明かしていて、そられらの症状を抑えるために、
薬を飲んでいたのをやめたせいで、顔もほっそりし、
服装や髪形も、元に戻ったのではないかといわれています。

症状が完治したということなのかもしれませんが、
やはり、昔の堂本さんを求める声は多いようです。

「超小型・最薄・長寿命GPS」が海外で話題沸騰!

携帯スマホやカバン、財布、子供や介護老人の持ち物、ペットの首輪など、小型だから色んなモノに付けられて、スマホアプリで位置情報がすぐわかる!1年間の長寿命バッテリーで安心! 2016-06-07_071952

コメントを残す