苫米地英人小説家デビュー!内容は?洗脳?江原啓之を否定?

認知科学者の苫米地英人さんが
ライトノベル作家としてデビューすることが
わかりました。

これまでに何冊もの著作を発表している
苫米地英人さんですが、小説を執筆したのは初めてということで
話題となっています。

小説のタイトルは「洗脳学園」で、
PHP研究所のスマッシュ文庫から発売されます。
洗脳によって学園を支配している生徒会長に
立ち向かう主人公の姿が描かれるとのことですが、
苫米地英人さんというと、
元オセロの中島知子さんの洗脳を解くことに
関わっていたことで注目を浴びました。

それ以前にも、洗脳を解く作業などは
よく行っていたようなのですが、
洗脳研究の第一人者として、そのテクニックを
使って新しい学園ものを書いてほしいという
出版社からの提案で、今回の執筆が決まったそうです。

「やってみたことがないので、面白い」と
苫米地英人さんが承諾したとのことですが、
どういう小説なのか気になりますね。

今後も小説も書いていくのか気になるところですが、
しかし、苫米地英人さんというと、
どうしても胡散臭い目でみられがちで、
中島智子さんの洗脳報道の際にも、
多くの人から批判を浴びたりもしました。

仕事柄、あまりよく理解されないことも多いので
そうしたことも多いようなのですが、
子供教育から様々な事柄に対して
提言していて、特に霊能関係には
厳しいことでも有名です。

どちらかというと霊能関係などは
肯定していそうな感じもしますが、
しかし、霊能者の江原啓之さんを批判するなどしています。

「超小型・最薄・長寿命GPS」が海外で話題沸騰!

携帯スマホやカバン、財布、子供や介護老人の持ち物、ペットの首輪など、小型だから色んなモノに付けられて、スマホアプリで位置情報がすぐわかる!1年間の長寿命バッテリーで安心! 2016-06-07_071952
2013年9月27日 苫米地英人小説家デビュー!内容は?洗脳?江原啓之を否定? はコメントを受け付けていません。 その他芸能