武井咲、新人賞受賞!ドラマの視聴率は?なんであんなに主演が張れるの?

女優の武井咲さんが、「第22回日本映画批評家大賞」の
新人賞を受賞し、受賞式に出席しました。

武井さんは「今日、恋を始めます」で、
賞を受賞し、「演じていてハッピーでした。」と
撮影当時のことを振り返り、役として、
好きな人のために学校に行く感覚であったと、
かなり楽しい撮影であったことを明かしました。

しかし、その反面、役が抜けるのも早いということで、
恋愛についても、一つの恋が終わったら、
すぐに次の恋に行けそうだとのことです。

現在、恋は?との質問に、「大人になったら。また10代なので。」と
かわしていました。

武井さんというと、近年、活躍している女優の一人ですが、
しかし、その活躍の裏には、事務所のゴリ押しがあるとのことで、
どうしても露出と実力が伴っていないといわれています。

その証拠に、武井さんの出演しているドラマは、
ほとんどのものが低視聴率となっていて、
3期連続で一ケタの視聴率ということで、
すべてが失敗に終わってしまっているようです。

しかも「Wの悲劇」のようなかつての大ヒット作を
ドラマ化したりしているものも、低視聴率を記録したりしていて、
かなり厳しい状況が続いているようです。

なぜ、これほど低視聴率が続いているのにもかかわらず、
ドラマ主演が続けられるのかというと、
それは事務所のオスカーが猛プッシュしているからですが、
しかし、それではどうやってもいい作品が作れないということで、
昔から、批判が起きています。

「超小型・最薄・長寿命GPS」が海外で話題沸騰!

携帯スマホやカバン、財布、子供や介護老人の持ち物、ペットの首輪など、小型だから色んなモノに付けられて、スマホアプリで位置情報がすぐわかる!1年間の長寿命バッテリーで安心! 2016-06-07_071952

コメントを残す