唐沢寿明、『島耕作』実写化を直訴。弘兼憲史氏も歓迎。過去にテレビドラマ化された時のキャストは?島耕作の女性関係は?

俳優の唐沢寿明さんと漫画家の弘兼憲史さんが24日、東京・渋谷のNHK放送センターで、新番組『島耕作のアジア立志伝』完成試写会に出席しました。番組で島耕作の声を演じた唐沢さんが弘兼さんに「実写にならないかな」と直訴したところ、「実写化する時はぜひお願いします」と歓迎しました。

唐沢寿明

唐沢さんは過去に、映画初主演作の『ハロー張りネズミ』(1991年)とドラマ『人間交差点』(TBS)で弘兼氏原作の作品に出演した事があり、「弘兼さんの作品は、キャラクターが実写向き。現実とかけ離れていないので、今回、声の話を頂いた時もやってみたいと思いました」と引き受けたそうです。

「島耕作」シリーズは、1983年に「課長島耕作」として1983年から1992年まで「モーニング」に連載されました。その後、『部長島耕作』『取締役島耕作』『常務島耕作』『専務島耕作』『社長島耕作』『ヤング島耕作』『係長島耕作』とシリーズ化されています。更には島耕作をモデルとしたゲームや書籍などコラボレーションも多く出されています。

島耕作

今回、唐沢さんが島耕作実写化をお願いしてましたが、実は「課長 島耕作」がテレビドラマ化されたことがあるのをご存じでしょうか。過去に2度、テレビドラマ化されています。

1度目は、1993年から1998年にかけてフジテレビによりスペシャルドラマとして放映されていました。
フジテレビ版のメインキャストは、島耕作役が宅麻伸、中川奈美役は安達祐実、中川加奈子役は浅田美代子で、訪英毎にゲストキャストが登場していました。

2度目は、日本テレビでスペシャルドラマとして2008年6月25日に第1弾、2008年10月1日に第2弾が放映されました。
キャストは島耕作役に高橋克典、大町久美子役に松下奈緒、中沢喜一役に宅麻伸(フジテレビ版では島役)、他にも佐野史郎、萬田久子、大滝秀治、浅野ゆう子など豪華キャストが登場しました。

もし今回唐沢版島耕作が実現するとなると、5年ぶりの実写化になります。唐沢さんが島耕作をどんな風に演じてくれるかが見物ですね。

さて、島耕作といえば、女性関係が華やかなのが特徴で、自分の部下や同僚、水商売の女性、出張先の外国人女性など、数多くの女性と肌を重ねてきました。しかし妻の浮気は許すことができず、離婚も経験しています。その後、64歳のときに、大町久美子と再婚して落ち着いているようですが、女性好きな島耕作だから、また新たな女性の噂が出るかも知れません。今後の動向は、作者である弘兼さん次第というところでしょうか。

島耕作、実写化したらぜひ見てみたいです。

「超小型・最薄・長寿命GPS」が海外で話題沸騰!

携帯スマホやカバン、財布、子供や介護老人の持ち物、ペットの首輪など、小型だから色んなモノに付けられて、スマホアプリで位置情報がすぐわかる!1年間の長寿命バッテリーで安心! 2016-06-07_071952

コメントを残す