ノバルティスファーマの不祥事!白血病治療薬の副作用?営業停止や年収?

ノバルティスファーマという製薬会社が厚生労働省への報告漏れという不祥事をしていたことがわかりました!

ノバルティスファーマの不祥事の詳細、白血病治療薬の副作用について、営業停止などの処分があるか、年収情報などお伝えします!
2014-06-09_200344

ノバルティスファーマが薬事法違反の疑いがある不祥事をしてしまったわけですが、どのような内容なんでしょうか?

ノバルティスファーマ社が6月9日に発表した内容によると、営業担当者が副作用など薬剤に問題があることを知っていながら、厚生労働省に報告する義務を怠っていたというケースが、何と1万例もあったということのようです。

このうち、実際に厚生労働省に報告義務のある重篤な副作用がdの程度含まれるかは現在調査中とのことですが、いずれにしても、消費者というか病気を治療している患者や医師を欺く行為で、何とも許せないと個人的には思います。

経緯としては、今年4月にノバルティスファーマ社の全社員約4500名を対象に、報告していない副作用情報の有無を調査したところ、1万件にものぼる報告漏れがあったとのことです。

ノバルティスファーマ社が報告義務を負うのは薬事法に定められた規定によるもので、死亡や知られていない重い副作用は15日以内、その他の重い副作用は30日以内に厚生労働省に報告することを製薬会社に義務付けているためです。

ノバルティスファーマ社は4月にも白血病治療薬「タシグナ」を使った東大病院などの臨床研究でも、重い副作用を報告せず放置していたことが発覚していた。
何ともずさんで、しっかりしてほしいと思うのは私だけではないはずです。

薬事法違反に該当する報告漏れがあった場合には、今回の発覚件数1万件という規模からしても継続的に報告が漏れていて、かつ故意とも言える社員の認識ですから、営業停止などの処分も十分ありえるんじゃないかと個人的には思います。

また簡単に謝罪などで済ませてはいけないと思いますし、他の製薬会社に向けてもしっかりと指導が必要ですから、その意味でも重い処分を期待したいと思います。そして、しっかりと報告と改善がなされるような環境を整備して、より良い製薬開発をしていってほしいなと思いました。

ちなみに、ノバルティスファーマ社の年収は営業で820万円程度が平均年収となるようです。かなり高い年収ですよね。
サラリーマン全体の平均年収が410万~430万円ほどと言われていますから、かなりの高所得ということになります。

ノバルティスファーマ社で企画やマーケティングをする本部スタッフになると年収1000万円超えもあるとか。
製薬会社しかも外資系ということで、年収アップを狙って転職してくる人も多いようですね。

「超小型・最薄・長寿命GPS」が海外で話題沸騰!

携帯スマホやカバン、財布、子供や介護老人の持ち物、ペットの首輪など、小型だから色んなモノに付けられて、スマホアプリで位置情報がすぐわかる!1年間の長寿命バッテリーで安心! 2016-06-07_071952
2014年6月9日 ノバルティスファーマの不祥事!白血病治療薬の副作用?営業停止や年収? はコメントを受け付けていません。 未分類